WordPressの初期設定

WordPressの初期設定

WordPressの設定について記載していきます。
WordPressにログインし、左側メニューの「設定」にの中あるタブをそれぞれ設定していきましょう。

  • 一般設定
  • 投稿設定
  • 表示設定

一般設定

サイトのタイトル

あなたのブログのタイトルです。
僕のブログだと「遠岳ブログ」がサイトのタイトルにあたります。
検索エンジンに引っかかるための重要な部分なので、SEOを意識する人は気を付けたいところです。
覚えやすさ・親しみやすさ等も大切だと思います。

キャッチフレーズ

どんなブログなのかを説明する簡単な一文を書きましょう。
当ブログだと「WordPressではじめてみよう」がキャッチフレーズです。
メタディスクリプションとして扱われることになります。

WordPressアドレス(URL)

インストールしたWordPressファイルを保存しているURLです。
すでに入力されている状態かと思いますが、SSL設定を済ませている前提なので、URLの形式は「https://○○○.com/」という形にしておきましょう。

サイトアドアレス(URL)

ブログを表示するURLです。
こちらもWordPressアドレスと同様に「https://○○○.com/」という形にしておきましょう。

メールアドレス

ブログにコメントが書かれたりした時に通知が来るアドレスです。
普段チェックしやすいアドレスを入力しておきましょう。

メンバーシップ

「だれでもユーザー登録ができるようにする」にチェックが入った状態だと思いますが、ここはチェックを外しておきましょう。
ここにチェックを入れていると、管理者以外のユーザーが新規ユーザーを追加できるようになってしまいます。
まぁ一人で運営していくぶんにはチェックがあろうと無かろうと問題ありませんが、のちのち外部ライターに記事作成を依頼する等の場合になってから設定の見直しを行うところかな、と思います。

新規ユーザーのデフォルト権限グループ

「購読者」になっていると思いますが、これはこのまま触らずに置いておいてOKです。

【サイトの言語】【タイムゾーン】はそのままでOKです。

【日付のフォーマット】【時刻フォーマット】【週の始まり】
これらはお好みに応じて変更しましょう。

一般設定はこれで完了です。簡単ですね。

投稿設定

投稿用カテゴリーの初期設定

現在は「未分類」になっていると思います。カテゴリーを追加するとここに選択肢が増えていきます。
記事を作成するときに個別に選択できるので、「同じカテゴリーを選択する作業が面倒!」という方のみ設定すればよいでしょう。

デフォルトの投稿フォーマット

こちらも記事を作成するときに個別に選択できるので、特に設定せずとも問題ありません。

メールでの投稿

メール送信にて記事を投稿する場合は、メールサーバーやパスワード設定します。
ですが、メール投稿をするならプラグインを使った方が便利な場合もあります。
自分に合ったやり方を見つけましょう。

更新情報サービス

WordPressの記事を公開したとき、記事を作成したことをお知らせする機能です。
ですが、現在ではわざわざお知らせしなくても、検索エンジンがすぐ見つけてくれるようになりました。
なのでこちらも設定は必要ないかと思います。

表示設定

【1ページに表示する最大投稿数】
【RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数】
【RSS/Atom フィードでの各投稿の表示】
これらの項目はお好みで設定してください。

【検索エンジンでの表示】
チェックを入れると、Googleなどの検索エンジンの検索結果にブログが表示されなくなります。
デザインを大幅に改装したいから少しの間だけ検索されないようにしたい等に使いましょう。
※URLを直打ちされると表示されてしまいます。

いかがでしたか?

以上は忘れず目を通しておきましょう。