「https」に変更して接続できなくなった場合

「https」に変更して接続できなくなった場合

サイトのSSL化を行うにあたり、自身で設定ファイルの書き換えを行い、実行しようとした場合、手順を間違えるとWordPressのダッシュボード、サイトへの接続が出来なくなる場合があります。
私自身、試しに手動でやってみようと軽い気持ちで設定変更したところ、接続できなくなり、かなり焦りました。。。

今回は設定変更により接続できなくなった場合の対処方法について記載します。

アドレスの設定

実際に接続できなくなってしまった人はご自身で変更したのでわかっていると思いますが「WordPress管理サイト(ダッシュボード)のURL」と「サイトURL」はダッシュボートの「設定」→「一般設定」から変更が可能です。

一般設定

今回はダッシュボードに接続できない場合なので上記設定画面が開けません。
修正は以下を参照ください。

アドレス修正方法

応急処置

とりあえすログインできるようにしたい場合はWordPressファイルを直接修正することで修正可能です。

以下はさくらサーバの場合の手順です。
1.サーバコントロールパネルにログイン
2.画面左メニューから「ファイルマネージャー」をクリック
運用に便利なツール

3.ファイルマネージャーでサーバ内にあるWordPressファイルから「wp-config.php」を探し、ダウンロードします。

 ※wp-config.phpは、WordPressの1階層目にあります。
ファイルマネージャー

4.ダウンロードした「wp-config.php」をテキストエディタで開き、以下のタグ分を加えます。
 define(‘WP_SITEURL’, ‘http://●●●.●●’);

 ※青時部分は変更前のアドレスを記載してください。
追記する場所は以下を参考にしてください。

5.タグ分を追記したファイルを元の場所に上書きします。

これでひとまずログインは可能です。
(修正したアドレスが間違っている場合はログインできません。。。)

ただしこの方法では一般設定の「WordPressアドレス」部分が灰色になって、
以後変更ができなくなります。

完全に元に戻したい場合は次の方法を行ってください。

完全修正

完全修正を行う場合はWordPressのデータベースを編集する必要があります。
編集方法を誤るとサイト自体を失いますので、慎重に作業を進めてください。
データベースの編集には管理ツール「phpMyAdmin」へのログインが必要です。

以下はさくらサーバの場合の手順です。
1.サーバコントロールパネルにログイン。
2.画面左メニューから「データベースの設定」をクリック。
アプリケーションの設定

3.データベース一覧にて該当際のデータベースの「管理ツール ログイン」をクリック。
データベース一覧

4.データベース作成時のMySQLのIDとパスワードを入力し、「phpMyAdmin」へログイン。
5.該当のデータベースをクリックし、左サイドバーより「●●●options」をクリック。
 ※「●●●」部分はデータベース作成時に設定した接頭語になります。
phpMyAdmin

6.option_nameから「siteurl」を探し、「編集」をクリック。
データベース管理ツール1

7.中に記載されているURLを修正して「実行」をクリック。
データベース管理ツール2

以上で、データベースの設定は完了です。 


これで正常な状態に戻っていますので、「応急処置」で行った内容を元に戻してもログインすることが可能です。

wp-config.phpに追加した、「define(‘WP_SITEURL’, ‘http://●●●.●●’);」を 再度消すことで、灰色部分が消えて変更が可能になります。