サイトのSSL化~さくらサーバの場合(プラグイン)~

サイトのSSL化~さくらサーバの場合(プラグイン)~

サイトのSSL化について前回、証明書の設定について記載しました。
証明書を設定しただけでは「http」「https」が混在している状態となっています。解消するためにはWordPressの設定ファイルを修正する必要がありますがさくらサーバでは「さくらのレンタルサーバ簡単SSL化プラグイン」のプラグインが提供されており、こちらで簡単に対応が可能です。
今回はこのプラグインの使用方法について記載していきます。

事前確認

このプラグインはPHPのバージョン5.6、7.1以上でのみ動作します。
PHPのバージョンについてはさくらサーバーコントロールパネルのアプリケーションの設定から変更は可能ですが、動作しなくなる場合がありますのでご注意ください。
変更する場合は「PHPのバージョン選択」をクリックし、新しいバージョンで「標準のPHP[PHP7](推奨)」に変更して下さい。

プラグインのインストール

さくらサーバを使用している方でWordPressをクイックインストールしている場合、自動でインストールされています。「インストール済みプラグイン」の中に有効化されていない状態でありますので「有効化」してください。

インストールされていない場合は以下、手順でインストールしましょう。
1.管理画面左側のメニューから「プラグイン」⇒「新規追加」を選択します。
2.検索窓に「さくらサーバ」と入力して「さくらのレンタルサーバ簡単SSL化プラグイン」が表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。
プラグインの追加
さくらSSLプラグイン

3.インストールが完了するとボタンが「有効化」に変わりますので「有効化」をクリックしてください。

プラグインの設定

1.管理画面左側のメニューから「設定」⇒「SAKURA RS SSL」を選択します。
設定

2.SSL化の設定を開始します。
 必ずチェック内容を確認し、チェックボックスを選択してから先に進んでください。
 確認内容は以下、2点です。
 ①SSL設定が完了しているかどうかの確認です。
  サーバコントロールパネルから「無料SSL証明書」を設定していればOKです。
 ②「https」のアドレスでサイトと管理画面へのリンクがありますので
  それぞれ接続が可能かを確認してください。
さくらSSLプラグイン設定

3.確認が完了したら、「SSL化を実行する」をクリックしてください。
さくらSSLプラグイン実行

このプラグインでは以下の処理が実行されます。
□サイトURL設定の変更
サイト内リンクのリンク先が「http://~」から「https://~」に変更されます。
□過去の投稿のURL書き換え
SSL化前に投稿した画像ファイルなどのURLが「https://~」に変更されます。
□サイトURLのリダイレクト
「http://~」でのアクセスを、「https://~」にリダイレクトします。