まずはバックアップを

まずはバックアップを

サイトのSSL化について説明を記載してきました。実際の手順について触れていきたいのですがその前に、まずはバックアップについて記載いたします。

今回のSSL化に関わらず、サイトに変更を加える際は事前にバックアップをしましょう。バックアップについては「BackWPup」 というプラグインがあります。

WordPressのバックアップについて

システム異常や装置の故障などでデータが破損した時の為に、別の記憶装置やメディアに保存しておいて、不具合が起きたときにバックアップしておいたファイルで元の状態に戻せるようにします。

WordPressのバックアップをするときには2種類のファイルをバックアップしておきます。

サーバー上のデータ 画像、テーマ、プラグインなどの記事以外のファイル。
データベース上のデータ 記事、カテゴリ、コメント、管理画面などの設定。

「BackWPup」 のインストールプラグイン検索

管理画面左側のメニューから「プラグイン」⇒「新規追加」を選択します。
「プラグインを追加」の画面に変わったら検索窓に「BackWPup」と入力して「BackWPup」が表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。
プラグインBackWPup

インストール完了すると「今すぐインストール」が「有効化」に変わりますので「有効化」をクリックして「BackWPup」プラグインを有効化します。
※プラグインはインストールしただけでは機能しません。
 使用する場合は必ず、「有効化」してください
インストールが完了して有効化すると管理画面左側メニューに「BackWPup」のアイコンが表示されますので、アイコンをクリックします。

「BackWPup」 の設定

サーバー上のデータを自動的にバックアップする

1.管理画面左側のメニューから「BackWPup」⇒「新規ジョブを追加」を選択します。

2.「一般」タブの以下を編集します。

■ジョブ名
 このジョブの名前:自分が分かりやすい文字列を入力しましょう。

■ジョブタスク
 このジョブは…:「ファイルのバックアップ」にチェック。

■バックアップファイルの作成
 アーカイブ名:デフォルトのままのままでもOKです。
 アーカイブ形式:Windowsの場合は「Zip」、Macの場合は「Tar GZip」

■ジョブの伝送先
 バックアップファイルの保存方法:「フォルダーへバックアップ」にチェック。
■ログファイル
 ログの送信先メールアドレス:デフォルトはWordpressで設定したメールアドレスになっています。
 エラー:デフォルトでチェックが入っています。
     バックアップ時にエラーが発生した時だけメールを送信します。
 ※「ログファイル」の設定はデフォルトのままでOKです。

3.「変更を保存」をクリックします。

新規ジョブ設定1

新規ジョブ設定24.「スケジュール」タブの以下を編集します。

■ジョブスケジュール
 ジョブの開始方法:「Wordpress の cron」を選択
                                         ※自動でWordpressをバックアップします。

■実行時間をスケジュール
 スケジューラーの種類:「基本」を選択。
 スケジューラー:「毎週」を選択
         Googleアナリティクスなどのアクセス解析を使用して
         アクセスの少ない日時を選んで設定します。

5.「変更を保存」をクリックします。
サーバー上のデータスケジュール

6.「ファイル」タブの設定については全てデフォルトのままでOKです。

7.「宛先: フォルダー」タブの以下を編集します。

■バックアップ設定
 バックアップを格納するフォルダー:デフォルトのまま。
 ファイルを削除:15と入力します。
  ※ここに入力した数を超えると古い順からデータが削除されます。
    15と入力すれば15週間分のデータが保存されます。

8.「変更を保存」をクリックします。
サーバー上のデータ宛先フォルダー

以上でサーバー上のデータを自動的にバックアップする設定は完了です。
設定の内容が反映されているか確認するには上にある「今すぐ実行」をクリックしてバックアップを実行してください。

データベース上のデータを自動的にバックアップする

1.管理画面左側のメニューから「BackWPup」⇒「新規ジョブを追加」を選択します。

2.新規ジョブの画面で「一般」タブの以下を編集します。

■ジョブ名
 このジョブの名前:自分が分かりやすい名前をつけます、

■ジョブタスク
 このジョブは…:以下にチェックを入れます。
         「データベースのバックアップ」
         「インストール済みプラグイン一覧」

■バックアップファイルの作成
 アーカイブ名:デフォルトのままでもOKです。


※「アーカイブ形式」から以下の設定は「サーバー上のデータを自動的にバックアップする」と同じですのでここでは省略します。

3.「変更を保存」をクリックします。
データベース上のデータ一般1
データベース上のデータ一般2

4.「スケジュール」タブの以下を編集します。

■ジョブスケジュール
 ジョブの開始方法:「WordPressのcron」を選択します。

■実行時間をスケジュール
 スケジューラ―の種類:「基本」を選択します。
 スケジューラー:「毎日」にチエックを入れます。
 ※記事投稿を頻繁に行わない場合は、投稿頻度に合わせて設定して下さい。

5.「変更を保存」をクリックします。
データベース上のデータスケジュール

6.「DB バックアップ」タブの以下を編集します。

■データベースのバックアップの設定

 バックアップファイルの圧縮:「GZip」にチエックを入れます。
 ※その他の設定項目はデフォルトでOKです。

7.「変更を保存」をクリックします。
データベース上のデータDBバックアップ

8.「プラグイン」タブについてはデフォルトのままでOKです。

9.「宛先: フォルダー」タブの以下を編集します。

■バックアップ設定

 バックアップを格納するフォルダー:デフォルトのままでもOKです。
 ファイルを削除:バックアップを「毎日」取るにした場合フォルダー内に保持するファイルの数は1ヶ月位(30日)にしておきましょう。

10.「変更を保存」をクリックします。
データベース上のデータ宛先フォルダー

以上でデータベース上のデータを自動的にバックアップする設定は完了です。
「今すぐ実行」をクリックして「サーバー上のデータを自動的にバックアップする」ときと同じようにバックアップが正常に行われることを確認してください。

バックアップしたデータをPCにダウンロードする

1.管理画面左側のメニューから「BackWPup」⇒「バックアップ」を選択します。

2.バックアップしたファイルが表示されるので、プルダウンメニューをクリックしてダウンロードしたいフォルダを選択し、「宛先を変更」をクリックします。

3.ダウンロードするフォルダにカーソルをあて「ダウンロード」をクリックします。
バックアップアーカイブ

4.PCにデータがダウンロードできたら保存したファイルを開き、サーバー上のデータの場合は「wp-adomin」、「wp-content」、「wp-includes」のフォルダがダウンロードできていればバックアップは正常に取得できています。

データベース上のデータのダウンロードも同じ工程で「sqlファイル」「プラグインデータ」をダウンロードします。

作業する前にバックアップを取る

1.管理画面左側のメニューから「BackWPup」⇒「ジョブ」を選択します。

2.作成したジョブにカーソルを合わせ「今すぐ実行」をクリックします。

3.バックアップが始まり「ジョブ完了」が表示されればバックアップの完了です。

※サーバー上のデータとデータベース上のデータの2つをバックアップしておきましょう。