SSLとは?

SSLとは?

ブログサイトのSSL化について記載していきます。

SSL とは?

SSL(Secure Sockets Layer)
インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)
とのこと。

「SSL/TLS」と表記されていることが多いですがTLS(Transport Layer Security)は「SSL」から開発されたセキュリティプロトコルでほぼ同意で使われているようです。
以下サイトにSSLからTLSへの経緯も記載されているので詳細はこちらをご参照ください。

SSLとTLSの違いとは

https://ssl.sakura.ad.jp/column/ssl_tls/

SSLサイトの見分け方

ではSSL化されているサイトとSSL化されていないサイトはどのように見分けるのでしょうか。
一番簡単な見分け方は「URL」です。
このサイトの「URL」を確認すると…

httpsのURL

となっています。

SSL化されているサイトは「URL」の先頭が「https://」となっています。
SSL化されていないサイトは「URL」の先頭が「http://」です。
s」が有るか無いかで見分けることが出来ます。

またSSL化されているサイトは鍵マークが表示されています。
ブラウザによって表示場所は変わりますがクリックすることでサイト情報を確認できます。
以下はGoogleChromeで鍵マークをクリックして表示されるサイト情報です。
サイト情報

SSL化されているサイトの場合、上記のように「接続が保護されています」と表示されます。この表示内容もブラウザによって違いがありますが同じように確認は可能です。

SSL化の必要性

ではなぜブログサイトのSSL化が必要なのでしょうか。

1つ目はリスクの回避/軽減です。
左記に記載したとおり、SSLとは「データ通信を暗号化する仕組み」です。
この「データ通信の暗号化」により以下のリスク回避/軽減ができます。

・なりすまし抑止
サイトの運営者を装ったサイトが個人情報やクレジットカードなどの情報を
取得し悪用されるリスクを軽減します。
・盗聴抑止
データ通信を暗号化することにより、データ通信の盗聴を抑止します。
メールアドレスや住所などの情報を収集し、悪用されるリスクを軽減します。
・改竄(かいざん)の検知
データを改竄することで注文内容などを改竄されるリスクをなくします。
発注内容などが第三者により変更されていないことを保証します。

2つ目にSEOへの影響です。
なぜSEOに影響するのかというと…
「Google」では「ユーザファースト」の観点からSSL化を重視しています。
この観点に反することは、Googleの検索ランキングからも外れることになります。せっかく作成したサイトも人の目に触れなければ意味がありません。
(SEOへの影響から、なぜGoogleの話になるのか、詳細は別の機会に記載いたします。)
先に記載した「リスクの回避/軽減」も含め、SSL化することで得することはあっても損することはないでしょう。

次回はSSL証明書について記載致します。